つかはらクリニック院長のブログ

つかはらクリニック院長のブログ

公式Youtubeチャンネルでも配信中
公式Youtubeチャンネルでも配信中

しつこいニキビを撲滅!ニキビ治療の最前線

ニキビ
2021.05.20.木曜日
ニキビ | 2021.05.20.木曜日

 

ニキビができて治っても、また再びポツッと出きてしまう…そんな繰り返すニキビに悩んでいる方はいませんか?ニキビは完全に治療をするのは難しく悩ましい皮膚疾患です。間違った方法ではむしろ悪化させてしまうこともあります。

当院でも、肌荒れ、ニキビなどのお悩みを持っている患者様はとても多く来られます。そして多くの方がニキビ治療に遠回りしてしまっている印象があります。
そこで今回は、ニキビ撲滅のための最新の治療方法などについてご紹介します。ぜひこの機会に正しい治療法についての知識を身に付けてください。

今はニキビは予防して根治を目指す時代!

なかなかニキビを完全に無くすのは難しいと思われている方も多いかと思います。ただ、現在は昔と違ってニキビの治療方法もどんどん進化しています。

昔のニキビの治療方法は、炎症を起こしてしまってから化膿止めを使うことで抑えていました。つまり、ニキビができてしまってから治療をするのが主流だったのです。

でも現在では、ニキビができる前に塗り薬などで治療をする方法が増え、保険適用できる治療方法の選択肢も広がっています。ニキビができる前の段階から予防的に治療を始め、できてしまったニキビは早い段階で治療をしていくのが最新のニキビ治療です。

早期治療でニキビ跡を作らないことが大事

昔は、ニキビが「青春のシンボル」とも言われたように、あまり深刻に病気として認識されておらず、放って治療しないこともありました。

でも今は、早期にきちんと治療することで、ニキビ跡を作らない、ニキビの凹み・膨らみを作らないことが大切だという認識に変わってきています。

「ニキビは放っておいたら治る・今だけのもの」というような考え方ではなく、しっかりと早期に治療することが大切です。

自宅でのセルフケアがニキビ治療の基盤

医療機関での早期のニキビ治療も大事ですが、日頃から自分の生活習慣を整えることも非常に大切です。むしろ毎日のケアがニキビ治療の根幹です。

主な予防方法は以下のとおりです。

● 食事
● ストレスを溜めない
● 十分な睡眠
● 規則正しい生活

よく耳にすることばかりでいわば当たり前のことなのですが、これらをきちんと実行するのは難しいものです。多くの方は自分の習慣を直すことができないものです。

現代の忙しい生活リズムでは規則正しい生活というのは難しく、複雑な社会構造の中ではストレスのない生活をおくるのもなかなか難しいと思います。

我々医師もついつい簡単に、「規則正しい生活を送ってください」、「しっかり睡眠をとってください」、「バランスの良い食事をしてください」と言ってしまいますが、この3つのことをきちんと実践する難しいことは理解しています。

医師としても、患者様が規則正しい生活習慣に簡単には改善できないことを理解した上で、さまざまなアプローチで治療を行っています。

当院でのニキビ治療の実際について

当院では、ニキビ治療が初めての患者様には保険適用となる治療からおすすめしています。
ただし、保険適用できる治療には制約も多くあります。何ヶ月間か保険の治療をしても改善しない患者様の場合には、自費による治療もお勧めしています。

自費診療となるニキビ治療では、いくつかの処置を組み合わせて行います。1種類の処置(例えばピーリングなど)で治ればそれに越したことはありません。でも、保険適用の範囲では治りにくい頑固なニキビの場合には、1種類の処置で治らないことが多い印象です。

他にもニキビ治療の処置には、ピーリング・ニキビレーザー・イオン導入、そして当院オリジナルのオールトランスレチノイン酸(ビタミンA誘導体)による治療があります。自費診療ではこれらを組み合わせて処置を行っていきます。

具体的には、ピーリングを2週間、ニキビレーザー治療は3〜4週間に1回の頻度で行います。同時に、治療期間中には当院オリジナルの「トレチノイン酸軟膏」を塗ってニキビを予防します。

あくまで一般的な目安ですが、当院ではそれぞれの処置を6回程度を行っていただきます。
期間としては、4〜6ヶ月ぐらいを1クールと考えてもらえれば良いかと思います。ニキビが治りにくい難治性の場合には、2クール、3クールとされる方もいます。
回数には個人差がありますので、詳しくは医師にご相談いただければと思います。

ニキビレーザーなどでも治らない場合の治療方法は?

では、これらの治療を行えば完治できるのか?というと、多くの方が改善する中で治らない方も少数いらっしゃいます。
ピーリングやニキビレーザーなどを組み合わせた治療を行っても、ニキビが改善しないこともあります。

その場合には海外から「ロアキュタン・アキュテイン」という飲み薬を取り寄せて、服用していただくことがあります。ロアキュタン・アキュテインというのは、ビタミンAの飲み薬になります。

この薬は当院オリジナル軟膏であるオールトランスレチノイン酸(ビタミンA誘導体)の飲み薬版と考えてもらえればよいかと思います。日本未承認薬ですが医師の判断の下では使用することは問題ありません。

とてもニキビにはよく効くのですが、以下のような副作用もあります。

● 服用中に妊娠すると赤ちゃんに何らかの影響の可能性がある
● 少し気分が落ち込む

このようなリスクも考えて、一般的にはニキビ治療で最初から使用することはありません。
当院では、保険適用の治療、自費の治療、生活習慣の改善まで全て試してもニキビが改善されない患者様に限り、副作用についても理解していただいた上で処方しています。
また、当院では医師が服用頻度を厳密に管理し、患者様とコミュニケーションを取ることで、安全に服用していただける体制を整えています。

今まで服用してもらった患者様の数自体は非常に少ないですが、非常に良い結果が得られております。そのため既存の治療で治らなかったという方も、諦めずに当院までご相談いただければと思います。

ニキビ治療は状態に合わせた適切な治療選定が大切

今回は、ニキビ撲滅というテーマでご紹介させていただきました。

昔と違って、保険適用の治療の幅も広がり、自費の治療のバリエーションも増えてきています。
治療方法が進化、日々開発されて、根治させることも難しくなくなってきています。

しかし、どんな治療法も使い方と相性により結果には差が出てしまいます。その患者さんに適切な治療方法を選び、治療を最適化していくことが大切です。治療法によってはリスクが伴うこともあるので、そのメリットとデメリットをよく理解した上で、信頼できる医師の下で治療を受けていただくことをおすすめします。

ぜひ治らないと諦めるのではなく、最新のニキビ治療で前向きに治療に取り組んでいきましょう。ニキビ知らずの美しい肌を取り戻すことを目指して、今度こそ本気のニキビ治療に取り組んでいただければ幸いです。

ここを↓クリックしていただければ、はげみになります。よろしくお願い申し上げます。

にほんブログ村 美容ブログ 美容皮膚科へ
水光注射

コメントは停止中です。