つかはらクリニック院長のブログ

つかはらクリニック院長のブログ

医師へのあこがれ(その35)

医師へのあこがれ
2009.09.08.火曜日
医師へのあこがれ | 2009.09.08.火曜日

福井医科大学でも、他の大学と同様、
1-2年生は、教養と呼ばれるカリキュラムで、
英語、ドイツ語、数学、経済学、哲学などの、
医学とは直接関係の無い講義が続きます。
少しでも早く医学に関わりたい私たちは、
当時公衆衛生学助教授として、
大阪医科大学から赴任されていた
K先生の紹介で、岐阜県和良村の
集団検診に参加させていただきました。

現在、和良村は郡上市和良町として、
合併されましたが、以前より村全体が、
大阪医科大学・公衆衛生教室や
内科学教室の協力をえて、
昔から、集団健診による村民の健康維持に
積極的で、国民健康保険費用の抑制に努め、
2000年には、男性長寿日本一に輝いています。
私たちが、福井医大から参加させて頂いた頃には、
村と大阪医大チームとの連携は、
何年間も毎年行われてきたことなので
もうすでに組織化されていて、
お盆に帰省する大勢の村民の集団健診を
2日間で終わらせていました。
医療に少しでも触れることだけでも、
私は嬉しく興奮しましたが、それ以上に、
大阪医大の先輩学生や先生方が
無駄なく効率よく連携し、検診を
すすめる姿に、感動しました。
また、それ以外にも、
和良村での集団健診参加には、
多くの楽しみがありました。
(つづく)

ここを↓クリックしていただければ、はげみになります。よろしくお願い申し上げます。

にほんブログ村 美容ブログ 美容皮膚科へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。