スタッフブログ

スタッフブログ

サーマクールorウルトラセルQ+orタイタンどれが効果的?

たるみ
2019.03.15.金曜日
たるみ | 2019.03.15.金曜日

様々な照射系たるみ治療器があるのでどの機器が一番自分に合っているのか気になりますよね

熱量、深達度、熱の伝え方、で治療後の持ち、引きあがり感の実感の仕方が変わってきますので今回はそれぞれ機器の特徴や料金を簡単にご紹介します♪

□サーマクール

高周波RFを利用し真皮層~皮下組織全体を引き締めることで

『リフトアップ』『小顔』『フェイスラインをスッキリ』

深達度は2.5mmで真皮層~皮下組織全体的に50℃~65℃に加熱することでコラーゲンが縮み肌を引き締めリフトアップさせます。

その後コラーゲンは張力を保ちつつ1~3ヶ月かけ再生されるのでサーマクールの効果実感が高いのはこの時期といわれております。

また脂肪の間にある索状線維組織に熱が加わり縮むことによって三次元的に顎周りのたるみの治療を行うことができます。

Wクーリングシステムとバイブレーション効果で痛み少なく処置が受けれます

持続期間:約半年~1年

料金:サーマクール顔全体+首400 1回  205.200円

 

□ウルトラセルQ+

高密度焦点超音波テクノロジーを使用しSMAS筋層(表情筋層)に点状に引き締めることで

『リフトアップ』『気になるほうれい線、フェイスラインをシャープに!』

深達度は4つのカートリッジを使用するので4.5mm・3.0mm・2.0mm・1.5mmと幅広い層を点状に60℃に加熱することでそれぞれの層のコラーゲンに熱変性を起こし収縮させます。

その後コラーゲンは1~2か月かけ再生されます。

ハイフ治療の中でも痛みが少ないのがこのウルトラセルQ+です

持続期間:約3ヶ月~半年

料金:ウルトラセルQ+ 1回 98.000円*2019年3/15時点での体験価格です。

 

□タイタン+ジェネシス

近赤外線ランプで皮膚そのものをキュッと引き締めることで

『たるんだ皮膚にハリを与え』『シワやぼやけた輪郭をスッキリ!!』

深達度は1~3mmで真皮層の水分をじんわり55℃~62℃に加熱します。真皮組織が即時的熱収縮することで照射直後から引き締まり感を体感できます。

真皮層のコラーゲンが1~2か月かけ再生されます

新たな照射方法で痛み少なく高いパワーで処置することが可能となりました

持続期間:約1~3ヶ月

料金:タイタンジェネシス 1回 29.800円*初回体験価格です

Differents dogs looking at camera isolated on a white background

▼つかはらクリニック▼

https://www.tsukahara-clinic.com/sp/

*料金は予告なく変更しますのであらかじめご了承くださいませ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。