つかはらクリニック院長のブログ

つかはらクリニック院長のブログ

【ホクロ】ホクロ除去後がケロイドになった場合

ほくろ
2014.01.08.水曜日
ほくろ | 2014.01.08.水曜日

レーザーでホクロを取る方法は、切る方法に比べ傷があとが小さくてすむメリットがあります。それでも完全ではなく、ホクロを取った後に赤みが残ったり、ケロイドと呼ばれる膨らんだ皮膚になることがまれにあります。

特に手の甲や胸・肩はケロイドになりやすいので、小さいホクロは逆に目立ってしまいます。顔の場合は、ホクロを取った後ケロイドになりにくいのですが、例外的に鼻の下だけ少し膨れやすい傾向があります。

ご理解いただけやすいように、ケロイドと表現していますが、くわしくはケロイドもしくは肥厚性瘢痕と私達形成外科医は区別して、赤く膨れた傷跡を扱っています。

ホクロを取った後が、赤く膨らんだ傷跡になった場合は、ケナコルトと呼ばれる注射を行うことで目立たなくなることがあります。傷跡が柔らかい方が効果があるように私は考えていますので、膨れてくる傾向があれば早期に注射を始めると結果が良いように思います。

このケナコルトの注射も保険適応となりますので、少ない負担で行うことができます。

ここを↓クリックしていただければ、はげみになります。よろしくお願い申し上げます。

にほんブログ村 美容ブログ 美容皮膚科へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。