PC版を表示
脱毛

デリケート(VIO)脱毛 徹底講座!

「デリケート脱毛には興味あるけれども、恥ずかしい・・
どうすればよいかわからない・・」などと
なかなか 1 歩踏み出せない方へ、
デリケート脱毛を詳しく解説します!

◆ VIO脱毛って50代や60代以上からでも大丈夫?

VIO脱毛は開始する年齢が遅すぎるという考え方はありません。
何歳からでも年齢問わず同じ処置を受けていただくことが可能です。
「親の介護でデリケートゾーンの脱毛の必要性やメリットを感じた」ということでご来院頂く方も多数いらっしゃいます。

※もちろんVIO以外でも同じことが言えます。お悩みやご相談がございましたらお気軽にお問い合わせください。

VIO脱毛って50代や60代以上からでも大丈夫?

そもそも医療脱毛と脱毛サロン
(光脱毛)の違い
は?

決定的な違いは脱毛レーザー機器が医療用かそうでないかの違いです。
医療用レーダー脱毛は医療行為とみなされるため、クリニックでしか扱うことができません。
医療用レーザー脱毛は照射出力レベルが高く、光脱毛よりも少ない照射回数で脱毛効果を得られることが特徴です。

脱毛サロンと医療脱毛の比較
脱毛サロン 医療脱毛
効果 徐々に現れる 高い(少ない回数で完了)
痛み 痛みが少ない
※個人差があります
脱毛サロン機器に比べ痛みを伴う
※個人差があります
脱毛完了まで 期間がかかる 早い
料金 1回辺りはクリニックに比べて全般安価 脱毛サロンと比べると高い

何回くらいできれいになるの?
(期間や回数について)

個人差はありますが、概ね1年間で7~9回照射し、80~90%の毛が減りほとんど生えてこなくなります。

医療クリニック(レーザー脱毛)の
脱毛回数・期間の目安

  • レーザーで産毛脱毛は5~6回程度が目安
    レーザーで産毛脱毛は5~6回程度が目安
  • ほとんど毛が目立たない状態は8~15回程が目安
    ※個人差が大きくあります。
    ほとんど毛が目立たない状態は8~15回程度が目安
  • ◆ 効果を感じ始めるのは、2~3回目
  • ◆ 自然に薄くする場合は、5~6回(1年程度)
  • ◆ ほとんど毛が目立たない状態を希望される場合は、8~15回(1年半~2年強)

<注意ポイント>
※脱毛効果には毛量などにより個人差があります

医療用レーザー脱毛を1年間行っても、数%の人は毛が減りきらずに残ることがあり、また、まれにいったん減った毛が再び生えてくることがあります。

エステの脱毛に比べると、医療レーザー脱毛の場合、再び毛が生えてくる確率は、はるかに低いですが、0%ではなく、数%の確率で再び生えてくることがあります。
しかし、完全に元どおりに生えてくることはなく、うぶ毛がのこったり、以前よりは減った状態となります。

どうしてもレーザー照射では減り切らない毛が出てきた場合、ニードル脱毛が有効です。
必要に応じてご提案させていただきます。

毛周期と脱毛の関係

VIOは毛の成長サイクルである「毛周期」が他の部位に比べて遅いため、脱毛効果が全体に行き届くまで時間がかかります。

毛が生え切った「成長期」にレーザー照射することで脱毛効果を発揮しますが、成長期の毛は肌表面に約30%くらいしかありませんので、残り70%が成長期まで生えてくるのを待ち、照射します。

このサイクルを数回行うことで部位全体の脱毛が完了します。
個人差はありますが、一般的には1年~2年かけて実施します。

毛周期と脱毛の関係

医療脱毛ならどのクリニックでも
効果は同じ?

◆ 脱毛器機の違い

医療脱毛器機にも様々な種類が存在します。
極端に照射レベルが高いものや細部への照射がしづらい形状の機器など様々です。
当院では、日本国内において厚生労働省で認可を受けた「キャンデラ社製 GentleLASE Pro」を採用していますのでご安心ください。

◆ 手技・経験値の違い

よく耳にするのが「部分的な照射漏れ」「危険な照射(火傷の恐れ)」「照射が推奨されない肌コンディションへの誤射」などがあげられます。
日焼け、服用中の薬、剃毛の状態など、コンディションにより正しい脱毛が行えないことがあります。

状態によってはシミや黒ずみ、火傷などの原因になることあり、正しい知識とコンディションの正しい判断が行える必要があります。
つかはらクリニックでは、クリニック認定の臨床実績のある有資格者(女性看護師)のみが施術を行っています。

デリケートゾーンの脱毛範囲は?

  • Vライン

    骨盤のライン~鼠径部

  • Iライン

    粘膜部位(小陰唇、尿道口、膣)以外の大陰唇周辺

  • Oライン

    粘膜以外の肛門周辺

部位別脱毛ポイント

◆ Vライン

毛の量、形、範囲で一番悩む部位です。

Vラインの形で悩む女性

ファッション性の高い水着や下着をはいているのか、公衆浴場によく行くのかなどのライフスタイルを考えナチュラルがいいのかファッション性が高いものが良いのか、あるいは実用性が高いものが良いのかなどしっかり考えて形作りしていきましょう。

Vライン人気の形 BEST3

  • No.1逆三角形
    逆三角形

    V ラインと聞いたときにイメージする形です。
    自然の形から少し面積を小さくし整えただけなのであまり違和感がなく、抵抗の少ない形です。

  • No.2 細いI型
    細いI型

    スクエア型をさらに細くし、幅を 5センチ以下にしたものです。
    海外の女性に人気な形で、最低限の面積と毛量があればいいという方におすすめの形です。

  • No.3 ハイジニーナ
    ハイジニーナ

    すべて脱毛し、つるつるの状態にすることをハイジニーナといいます。
    毛が邪魔だと感じている方にはおすすめ、お手入れは楽になります。
    最近ではハイジニーナにされる方も増え、人気上昇中です。

*形以外にも毛量でも違ってきます*

形だけを整えるとボリュームがですぎてしまうことがあるので全体的にレーザーを 2,3 回照射することで毛量の調整し毛質を柔らかくすることで V ラインの形がスッキリまとまりやすくなります。

◆ I ライン

生理中衛生的に過ごしたい方やムレが気になる方は全て照射することをオススメしております。ニオイや痒みの予防にも効果的です。

◆ Oライン

排泄物が付着しやすい部位ですので清潔に保つ為に全て照射することをオススメしております。ムレやニオイ、痒み予防にも効果的です。

デリケートゾーンの剃毛方法

◆ ご用意いただくもの

  • 電気シェーバー(デリケートゾーン専用 or I時型が望ましい)
  • ハサミ
  • 水性ペン

◆ 剃毛の方法

STEP 1形を決め水性ペンでマーキングする

Vラインの範囲は少し小さめにマーキングしていただいたほうが脱毛当日ご希望に沿った脱毛に仕上がりやすくなります。

STEP 2処理する部位を2cm にカットする

STEP 3電気シェーバーで剃毛する

手は足の間を前からくぐらせて、毛の流れに沿って後ろから前、または外から内側に少しずつ慎重に剃っていきます。

Ⅰライン、O ラインの剃毛は見え難い為、剃るのが難しくトラブルを起こしやすいですので注意が必要です。
和式トイレのように座っていただきする部分が見えるよう手前に鏡を置いていただきます。

例1
例2

シェーバーを強く肌に押し付けないように皮膚を少し引っ張りながら剃ることで皮膚へのダメージを減らすことができます。

<例1>のイラストの体勢が難しい方は、<例2>のイラストのように片足を椅子に
かけての覗き込むように剃るか、後ろや下に鏡を置いて行うと剃りやすいです。

基本的には脱毛照射希望されている前日の夜に剃毛をお願いしています。
毛足がなくなる位2mm以下に剃ってきてください。
剃り残しがありますと照射できない場合がありますのでご注意ください。

デリケート脱毛
(施術当日の流れ)

デリケートゾーンのお悩みは、なかなか人には相談しにくい部分です。
予約時にお伝えいただければ女性医師のカウンセリングを受けることができます。
処置するものもベテラン女性看護師ですので、安心してデリケートゾーンのお悩みや脱毛時の痛みを相談できます。

  • カウンセリング

    医師による無料カウンセリングを行います。
    女性医師も在籍していますので予約時にお問い合わせください。

  • マーキング

    施術前にマーキングして脱毛範囲を確認します。
    マーキングすることにより打ちもれを防ぎ、よりご希望に沿ったデザインで脱毛することが可能となります。

施術(照射)

  • Vライン脱毛照射

    仰向けの姿勢で照射します。
    毛の量、形はお気軽にご相談くださいませ。

  • Iライン照射

    脚を「くの字」のように開き照射します。痛みが強い場所なのでゆっくり照射していきます。

  • Oライン脱毛

    最後は O ラインの照射です。
    横向きになっていただきあっという間に完了です。

丁寧なアフターケア

レーザー照射後、毛の部分が赤く反応し発疹することがあります。
赤みや炎症を抑えるために、軟膏を塗ってお肌トラブル対策を行います。

処置後はお肌が敏感になっておりますので、「自宅でのお手入れ、注意事項」をご覧いただき、ご対応ください。

自宅でのお手入れ、注意事項

  • 処置後の後の肌は敏感になっているため、ショーツや衣服のこすれ・摩擦にご注意ください。
  • 赤みやシミの原因となる可能性がありますので脱毛箇所は搔かないようにしてください。
  • 当日は熱いお風呂に浸かったり、サウナに入らないようにしてください。
  • 激しい運動も避けるようにしてください。
    出来ればお酒も飲み過ぎないようにして下さい。
  • 脱毛後 2 日間は 1 日 2 回軟膏塗布してください。
  • 処置したお肌部分はタオルで強くこする事は避けてください。
  • 十分な保湿ケアも行ってください。
  • レーザー脱毛同部位の照射は 1 ヶ月半~ 2 ヶ月以上あけるようお願いします。

処置後のダウンタイム・
副作用について

毛の部分が赤く反応し、発疹が出ることがあります。
すべての方に生じるわけではありませんが、お肌の弱い方や敏感な方は出やすい傾向にあります。
これらの症状が出た場合でもほとんどの場合は 2,3 日でひきますが、1 週間たっても強い赤みが ある場合はご連絡くださいませ。

*デリケートゾーンの脱毛処置をご希望の方へ*

  • ・V ライン、I ライン、O ラインの毛に、剃り残しがあると、当日処置することが出来ないことがありますのでご注意ください。
  • ・デリケートゾーン脱毛は毛の減り方が均一ではなく、まだらや束状に(粘膜付近は特に)残ることがあり、打ち漏れのように見えることがあります。
  • ・生理の日は V ライン、I ライン、O ラインの脱毛はできません。

デリケート脱毛が今人気な理由

自己処理を繰り返し行うことで埋もれ毛・色素沈着・毛周囲での炎症を起しやすくなり、剃ることで毛がチクチクしそれが皮膚への刺激となりトラブルの原因となる事もあります。

自己処理などで皮膚を傷つけてしまうと細菌などに感染するリスクも高まってしまいます。

このように自己処理によるトラブルを防いでくれるだけではなく下着や生理用品によるムレ、かぶれ、痒みが軽減されニオイも軽減され衛生的になり清潔を保つことができます。

また最近では介護脱毛として、自分にもしものことがあった場合に備え介護してもらいやすいようにと脱毛される方もいらっしゃいます。

デリケートな部位だから
安心して脱毛がしたい

つかはらクリニックでは女性看護師が施術しております。
レーザー脱毛士の資格を持った看護師も多数在住、デリケート脱毛は人気部位となっておりますので症例数も多い箇所となっております。

衛生面も気になる部分!
コンタクトクーリングだと衛生的にも心配、ですが当院では冷却ガスでクーリングしていくジェントルレイズプロ(厚生労働省認定機器)を使用しています。
それだけではなく清潔不潔をよく知っている看護師さんが施術してくれるのでトラブルを起こしやすいデリケート脱毛は衛生面がしっかりしているクリニックで受けられることをオススメしています。

レーザー脱毛 料金表

初回体験価格
Vライン or Iライン or Oライン
いずれか1ヶ所
¥5,000
セットメニュー
デリケートプラン
(V+I+O 5回)
¥71,300
部位
Vライン(女性限定) ¥7,100
Iライン(女性限定) ¥10,200
Oライン(女性限定) ¥10,200

※表示価格は税込み

最新美容医療や
新導入ホームケアアイテムなどお得な情報満載

つかはらクリニックのブログ

  • つかはら院長のBeauty blog
  • 美容ブログ

公式SNSアカウント

お問い合せ

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

患者様の個人情報はグローバルサインのSSLにより保護しております。


診療時間

診療時間
各種クレジットカード・電子マネー対応

PC版を表示
ページTOPへ